コラム|川崎市宮前区鷺沼で歯科をお探しの方ははるまちざか歯科・矯正歯科まで

  • 電話
  • メニュー

2019年3月13日

こんにちは。

副院長の三浦です。

 

日中は暖かい日が増えてきましたね。春はもうすぐそこまで来ているのだなと感じます。

この春、長男は卒園し4月から小学校にあがります。仲の良いお友達がみんなそれぞれ違う小学校へ進むので、時間が合うときはお友達と公園や児童館でたくさん遊んでいます。

 

 

むし歯の原因になるおやつとは?

たくさん遊べば喉も乾くし、お腹もすきます。そこでおまちかねのおやつタイム!!

そのときよく聞かれるのが、「どんなおやつは食べちゃダメなの❓」ということ。やはり、気になりますよね。

 

むし歯に関していえば、むし歯菌の主なエサは“ショ糖”なので、

ショ糖が入っている食べ物はむし歯になりやすいです。

でも、ショ糖は砂糖の主成分。ほとんどのお菓子やジュースに入っています。いちど甘さを知ってしまうとなかなかやめられないのは大人も子供も一緒です。

 

全くショ糖を摂取しないようにする、というのも1つの答。それができたら勿論素晴らしいです

でも、無理しすぎるとストレスも溜まります。そこで…

 

おやつの食べ方に気をつける!

お口の中に

ショ糖が存在する “頻度” が増えるほど、

ショ糖が存在する “時間” が増えるほど、

むし歯になるリスクはあがります。

そこで…

 

☆おやつはダラダラ食べないで、おやつタイムにまとめて食べる。

 

☆飴のような、ずっとお口に入っているものは避ける。※もし食べるならキシリトール配合のものがおすすめです!

 

☆キャラメルやハイチュウのようなネバネバ、ペタペタしたお菓子を控える

 

☆スポーツドリンクや乳酸菌飲料(カルピスなど)を水分補給に飲むのを控える。※飲むなら、ちょびちょびと時間をかけて飲まない方が良いです。

 

☆ジュースではなくて “お茶かお水” を一緒に飲む。

 

☆食べ終わったあとに、最後にお茶や水を飲んで口の中をすっきりとさせる

 

このあたりを気をつけると、少し安心です。

 

 

歯磨きも忘れずに!

でもここで大事なことがひとつ!!

どんなに、おやつの食べ方を気をつけても、ハミガキは必ずしましょう。

歯の汚れを毎日リセットすることは、むし歯予防にも歯周病予防にもとても大切なことです。

小さなお子様の場合は仕上げ磨きもとても大切です。

もし、仕上げ磨きや、歯磨きの練習など気になることがあればいつでもご相談ください。

 

 

 

はるまちざか歯科矯正歯科

三浦恭子

神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-5-16 2F

044-789-8601

mailto:kyoko@harumachi-dc.jp