コラム|川崎市宮前区鷺沼で歯科をお探しの方ははるまちざか歯科・矯正歯科まで

  • 電話
  • メニュー

2018年12月7日

こんにちは、院長の三浦です。

今回は金属を使わないブリッジ、についてです。

 

「もう、この歯は抜いたほうがいいですね。」

そんな通告を歯医者さんでされてしまった。つらい現実ですよね。

歯が真っ二つに折れてしまっていたり、むし歯が進み過ぎて歯が残っていなかったり。無理やり歯を残しても、周りの健康な歯をダメにしてしまうかもしれない。

残念だけど、抜歯に至ってしまう。仕方ないケースが多々あります。

歯を抜いたあと、そこに歯を補う方法はいくつかあります。

しかし、噛みやすさや処置の楽さ、費用面など様々な理由で、ブリッジを選択される方が最も多くいらっしゃいます。

ブリッジの場合、抜けた歯の本数や周りの残っている歯の状況にもよりますが、医療保険の範囲内で作ることができます。

しかし、頑丈に作ろうと思ったら保険のブリッジは銀歯になってしまいます。

金属はどうしても目立ってしまううえでに、1本歯が抜けただけで周りの歯をあわせて3本分銀歯にしなければいけない。これは悩みどころです。

また、金属はお口の中に多くなればなるほど金属アレルギーのリスクが増えたり、金属そのものにプラークが付着しやすい特徴があります。

 

そこで、目立たないようにするためにセラミックで周りを覆うやり方がこれまで一般的に行われてきました。ただし、歯がないところに橋渡しをしたセラミックは欠けやすいため、内側に金属のフレームを埋め込む必要がありました。

 

ところが近年、酸化ジルコニウムという素材が登場。ジルコニアというと、人工ダイヤモンドを思い浮かべる方もいるかもしれません。実は、金属並みの硬さをもつセラミックスのため、金属を使わずに強度のあるブリッジを作ることができるようになりました。

これまでは金属の周囲にセラミックを焼き付けていた分、かみ合わせの力でセラミックスが欠けたり剥げたりというリスクがありました。

ジルコニアの場合、工場で一度凝縮した均一で強度のあるブロックを作成し、それをコンピューターで設計したとおりに削りだして形を作っていきます。そのため、従来の金属焼付セラミックよりも構造が安定し部分的に欠けるリスクを減らす事もできたのです。

しかも、工程を大幅に削減することができたので、従来の方法より安価に作ることができるようになりました。

セラミックもジルコニアも保険の認可はおりていないので、保険外負担となってしまいます。しかし、従来よりも安定して安価なものが提供できるようになってきたわけです。

0267055003

しかし、ジルコニアの弱点もあります。

繊細な色合いや模様を再現することができないことです。

従来の方法は、卓越した技工士の技術で一つ一つ手作りでつくっていました。そのため、亀裂や白い筋、光の当たり具合で見えてくる複雑な模様など、細部までこだわって作ることができたのです。しかし、ジルコニアはコンピューター上で設計したものを削りだすので、繊細な造形を再現することが難しいのです。奥歯においては全く支障なく、本物の歯と見間違うようなものができますが、見えやすい前歯では目立ってしまう場合もあります。

そのため、前歯では見える部分のみジルコニアの表面にセミラックを焼き付ける方法で、より美しく成型する場合もあります。

 

とはいえ、金属のブリッジはちょっと…とお悩みの方は、一度検討してみてください。