予防歯科|川崎市宮前区鷺沼で歯科をお探しの方ははるまちざか歯科・矯正歯科まで

  • 電話
  • メニュー

予防歯科とは?

1本しかない大切な「歯を守る」ための治療

「虫歯になったら通う」、「治療が終わったら通わない」ということを繰り返していませんか?
虫歯の再治療を繰り返していくと、徐々に歯は失われて、最終的に削るところもなくなってしまうことも少なくありません。
予防歯科ではかけがえのないご自身の歯を長く、多く残すために「虫歯にならないための予防」をしていきます。

イメージ画像

予防歯科で何をするの?

虫歯にならないためのお口のケア

歯垢について正しくご存知ですか?

歯垢は食べかすや歯の垢(あか)ではなく、細菌の塊です。歯ブラシ等のセルフケアでは取り除けないものもあります。
歯科医院では、セルフケアで取り除けない細菌の塊を、専用の器具を用いて徹底的に取り除きます。これによって虫歯になりにくい口内環境へと整えていき、大切な歯を守ることができるのです。
また、初期段階の虫歯や歯周病の発見にもつながります。

イメージ画像
セルフケア
1歯みがき
歯科衛生士が患者様一人一人に合った歯磨きを丁寧に指導します。
2デンタルフロス
歯と歯の隙間にある食べかすや歯ブラシでは取り除けない歯垢を除去します。特に歯周病予防に効果的です。
3食生活の改善
歯周病の原因である歯垢は糖分をエサに増殖して行きます。糖分の多い食生活などを見直すことで歯周病になるリスクの低下につながります。
プロフェッショナルケア
1PMTC
専用の器具を用いて歯と歯の隙間や歯周ポケットに蓄積した歯垢をキレイに取り除きます。
2歯科検診
奥歯の溝など歯垢が蓄積しやすい部分を樹脂で保護して虫歯を予防します。
3フッ素塗布
虫歯の予防に効果があるフッ素を歯に塗布し、歯質を強化します。

当院の予防歯科

1.唾液検査

虫歯、歯周病のリスク検査

唾液を採取させていただき、お口に含まれる虫歯や歯周病に関わる細菌の数や、それに対抗する力などを検査します。これにより患者様が虫歯や歯周病になるリスクの高さや原因を知ることができます。
特に赤ちゃんや小さなお子様がいるご家族の場合、食べ物の口移しをしていなくても虫歯菌が移ることもありますので、ご家族の皆様で唾液検査を受けることをおすすめいたします。

イメージ画像

2.PMTC(クリーニング)

予防のプロによる徹底したクリーニング

歯科医院ではPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)といって、予防のプロである歯科衛生士が、毎日の歯みがきでは取り除くことができない汚れや細菌を、専用器具を用いてキレイに取り除く処置を行います。
PMTCを行うことで細菌のかたまり(バイオフィルム)が除去され、虫歯・歯周病のリスクの軽減や、口臭予防、さらにコーヒーやタバコのヤニなどで起きる歯の着色汚れも取り除くことができます。

イメージ画像

予防歯科の流れ

Step
1
情報収集(問診票のご記入・唾液検査)

イメージ画像

まずは患者様の生活習慣や食べ物の嗜好などを教えていただくために問診票をご記入いただきます。そして唾液検査を行い、科学的に虫歯や歯周病の発症リスクを測定します。

Step
2
口腔内チェック

イメージ画像

虫歯や歯周病がないかどうか、現在の口腔内の健康状態を確認します。
もし虫歯や歯周病があった場合は、適切な治療・処置を行います。

Step
3
PMTC(クリーニング)

イメージ画像

歯科専用の器具を使用してセルフケアでは取り除けない部分の汚れや、細菌のかたまりを除去し、細菌のない綺麗な状態にいたします。

Step
4
ケア指導

イメージ画像

PMTCで綺麗な状態に整えた口内を維持するためには、ご自宅でも正しい方法でケアをすることが大切です。
患者様のお口に合わせて歯みがきの方法が変わってまいりますので、ブラッシング方法と一緒に生活でのケアポイントもあわせて丁寧に指導させていただきます。

染めだし粉

磨き残しがある部分を一目でわかりやすくするために、歯垢を染色する方法のことです。染め出しに使用する歯垢染色剤はおいしくないイメージがあるかもしれませんが、当院ではフルーツ味のものを使用していますので、お子様も嫌がらずお使いいただけます。

フッ素応用

むし歯予防に効果的とされる歯科用のフッ素。歯磨き粉に含まれるものだけではなく、家庭でのフッ素利用で最も効果的とされるフッ素洗口液や、高濃度フッ素のトレー法による応用など、様々な方法を患者様に合わせてご紹介しております。