コラム|川崎市宮前区鷺沼で歯科をお探しの方ははるまちざか歯科・矯正歯科まで

  • 電話
  • メニュー

2018年9月5日

お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら

矯正といえば、こんなイメージありますか?
※院長の口です。
ortho (2)

矯正治療と一言でいっても、実はいろいろな方法があるんです。歯列矯正って、キレイな歯並びを手に入れて、見た目だけではなく食事や会話、健康のための様々な機能を正常にするのが目的の治療です。そのため、大人の歯が生える前の小さいお子さんから、すでに仕事をリタイアした年齢の方まで、お口の環境は様々です。
その中でも、今回は小さいお子さんから始める矯正のお話しです。

小さいお子さんて、こんなすきっぱの子をよくみますよね。乳歯は永久歯よりもはるかに小さいのですが、顔の骨格の大きさは10歳頃には80%くらいの大きさまでできあがってきます。そのため、小さいお子さんのうちは小さな乳歯が並ぶためすきっぱになる事が多いわけです。
ところが、その小さな乳歯でさえキツキツに生えていたり、お子さんのお口の中でガタガタができていたりすると心配です。お顔の成長は完全には予測できないので断定はできませんが、お子さんのうちから歯がぴっちり揃って生えていたりガタガタ段差がついて生えていたりすると、歯が生え代わってもガタガタになる可能性があるのです。歯の大きさが大きい事もありますが、やはりお顔の骨格が小さかったりアンバランスだったりすると、こういった歯並びの不調がおきやすくなります。
お子さんの矯正治療には、こうした骨格のアンバランスを整える、という目的があるのです。そのため、お子さんの矯正では歯の表面にワイヤーをつけるものではなく、取り外しのできる装置でお口の発育を正しく促してあげるようなものが多くあります。

その中の一つに、「プレオルソ」があります。
→プレオルソ公式サイト
IMG_2400
比較的やわらかい素材のマウスピース型矯正装置で、お口の周りの筋肉をトレーニングしていきます。やわらかい、というのが大きな特徴で、小さなお子さんでも痛みをあまり感じずに装着できるのがメリットです!
ただし、こういった成長を助ける矯正治療は、永久歯が生え変わる12,3歳を超えたお子さんには難しい場合があります。
お子さんの健康的な発育のために、歯並びやかみ合わせで気になる方は一度ご相談ください!

お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら