ブログ|川崎市宮前区鷺沼で歯科をお探しの方ははるまちざか歯科・矯正歯科まで

  • 電話
  • メニュー

2018年9月15日

お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら
 
 
ハブラシを歯ぐきに向けて、歯ぐきの隙間に毛先を差し込むように磨きましょう。
歯ブラシの仕方をこうやって習ったことありませんか?
「バス法」と呼ばれるハブラシの動かし方で、歯科大学でも重点的に習う方法です。
でも、実際に歯をピンク色に染め出してバス法で磨いてみると。意外とピンクを落とすのに時間がかかります。
なぜでしょう…?
0767002002

そもそも「バス法」を提唱したCharles C. Bass先生。
実は歯科医師ではありません。
355_ccbassmd
マラリアや腸チフスの研究で実績を残したアメリカの病理学者です。
当時歯周病は不治の病とされ、バス先生自身も歯周病に悩まされ続けていました。そこで、さすが病理学者。歯周病についての病理学的な研究を始め、歯周病の原因がプラーク内にある細菌である事を発見しその病因論を提唱しました。
しかし残念ながら、その発見は当時の主流から外れた異端であったこと、病理学者という歯科にとっては門外漢であったこともあり、バス先生の研究は埋もれてしまいました。

時代の先駆者であったバス先生自身は、周りから非難されながらも自身の研究を信じ、自分の歯を残したまま100歳で大往生されました。

1940年代にバス先生が提唱した細菌原因説は、時が流れ、1970年代になりようやく認められるようになりました。パイオニアとしての評価とともに、バス先生が考案した「バス法」が広く認知されるようになったのです。

しかし、ここで問題があります。
バス先生は、
「予防・口腔内のコントロールの為には、歯ブラシとフロスですべての歯の表面からプラークを除去する必要がある。フロスが基本的な道具であり、歯ブラシはそれに付随するものである。」
と言っています。そう、バス先生は熱心なデンタルフロスの布教者なのです。
バス先生自身が、第二次大戦中に使いやすいナイロン製のデンタルフロスを発明するほどの力の入れよう。
それに対し、歯ブラシの動かし方は当初の発表には含まれていませんでした。後年になり、よく認知されている「歯ぐきに45度の角度であてる」バス法を、あくまでサラッと付け加えているのです。
バス先生が本当に広めたかったのは、この歯ブラシ方法ではなく、デンタルフロスの使い方だったようです。
0767021009
歯ぐきの隙間に歯ブラシの毛先を差し込むやりかたというのは、実は結構リスクがあります。力が強いと余計に歯ぐきを痛めつけてしまいます。
ある一定以上歯周病が進んだ方などで、トレーニングした場合には有効な事もありますが、多くの方が行う歯ブラシ方法としてはあまりお勧めできません。

ここでは、毛先磨きという方法をお勧めします。
歯にこびりついたプラークというのは、ふろ場のカビや排水溝のぬめりと似ています。デッキブラシを横にあててこすってもかびやぬめりはとれないですよね?ブラシの毛先を面に垂直にあてる、これがプラークを落とす大事なポイントです。
歯は平面ではなく、丸みを帯びています。歯ぐきのあたりにいくと、その丸みは強くなります。爪で触ってみると歯の形が少しわかるでしょうか?
歯ぐき付近の歯を磨くときはいわゆるバス法とは逆に、歯ぐきと逆方向に毛先を向けてあてると毛先が歯に垂直にあたるはずです。
こうして、毛先が常に歯に垂直になるよういろいろと動かしてみてください。

…とはいっても、文字ではさっぱりわかりませんね。ぜひ歯医者さんでピンクに染めて、練習してみましょう!
歯は生きていくための大事な体の一部。うまくお手入れして守っていきましょう!
 
 
お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら

2018年9月5日

お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら
 
 
矯正といえば、こんなイメージありますか?
※院長の口です。
ortho (2)

矯正治療と一言でいっても、実はいろいろな方法があるんです。歯列矯正って、キレイな歯並びを手に入れて、見た目だけではなく食事や会話、健康のための様々な機能を正常にするのが目的の治療です。そのため、大人の歯が生える前の小さいお子さんから、すでに仕事をリタイアした年齢の方まで、お口の環境は様々です。
その中でも、今回は小さいお子さんから始める矯正のお話しです。

小さいお子さんて、こんなすきっぱの子をよくみますよね。乳歯は永久歯よりもはるかに小さいのですが、顔の骨格の大きさは10歳頃には80%くらいの大きさまでできあがってきます。そのため、小さいお子さんのうちは小さな乳歯が並ぶためすきっぱになる事が多いわけです。
ところが、その小さな乳歯でさえキツキツに生えていたり、お子さんのお口の中でガタガタができていたりすると心配です。お顔の成長は完全には予測できないので断定はできませんが、お子さんのうちから歯がぴっちり揃って生えていたりガタガタ段差がついて生えていたりすると、歯が生え代わってもガタガタになる可能性があるのです。歯の大きさが大きい事もありますが、やはりお顔の骨格が小さかったりアンバランスだったりすると、こういった歯並びの不調がおきやすくなります。
お子さんの矯正治療には、こうした骨格のアンバランスを整える、という目的があるのです。そのため、お子さんの矯正では歯の表面にワイヤーをつけるものではなく、取り外しのできる装置でお口の発育を正しく促してあげるようなものが多くあります。

その中の一つに、「プレオルソ」があります。
→プレオルソ公式サイト
IMG_2400
比較的やわらかい素材のマウスピース型矯正装置で、お口の周りの筋肉をトレーニングしていきます。やわらかい、というのが大きな特徴で、小さなお子さんでも痛みをあまり感じずに装着できるのがメリットです!
ただし、こういった成長を助ける矯正治療は、永久歯が生え変わる12,3歳を超えたお子さんには難しい場合があります。
お子さんの健康的な発育のために、歯並びやかみ合わせで気になる方は一度ご相談ください!
 
 
お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら

2018年8月21日

お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら
 
 
ピアスをつけると耳が膿んでしまう。シルバーアクセサリーで首元が赤くなる。そんな金属アレルギーの症状にお悩みの方、意外と多いです。
でもそんな金属アレルギーをお持ちの方でも、実はお口の中に銀歯がいっぱい!という事もよくある話。なぜ金属アレルギーがあるのに口の中は赤くなったり膿んだりしないのでしょうか?
口の中はアレルギーに強い?銀歯は体に優しい金属?
いえいえそうではありません。銀歯も立派なアレルゲンです。
0167058001
金属というのは、口の中では唾液を介して金属イオンが溶けだしていきます。皮膚の場合は触れているところがダイレクトにかぶれたりしやすいですが、口の中では唾液に乗って溶けだすので、銀歯に触れている部分が必ずかぶれるとは限りません。
もちろん、銀歯に触れている頬の粘膜に口内炎ができやすかったり、白くただれたりすることもよくあります。しかし、銀歯による金属アレルギーの怖いところは、まったく違うところに症状が出る場合がある事です。

唾液に乗った金属イオンは、唾液を飲み込むことで体の中にはいっていきます。全身のアトピーや脱毛を引き起こすこともあれば、手や足の平が膿んでしまう「掌蹠膿疱症」という状態になることもあります。
アレルギーやアトピーがあって、アクセサリーにアレルギー反応はあるのに、銀歯は大丈夫なんです!という方が時折いらっしゃいますが、実は気付いていないだけの可能性もある訳です。
ぜひ、皮膚科やアレルギー外来での金属アレルギーの検査を受けることをお勧めします!

さて、では銀歯にはどんな金属が含まれているのでしょう?
日本でいう銀歯、というのは実は銀歯のためだけに開発された保険用の金属なんです。
なるべく安価で、なるべく精度や強度が高い銀歯を作れるように、という意図で開発されました。
日本の銀歯は、金12%、パラジウム20%のほか、銀50%前後、銅約20%前後、インジウムなどその他数%が含まれている合金です。そう、実は約半分がシルバーなんです。

いままで銀歯による金属アレルギーは発見されにくい事もあり、あまり認識されていませんでした。しかし、お口の中に銀歯が増えれば増えるほどアレルギーのリスクが増していくこともあり、近年注目され始めています。
医療保険においても、金属アレルギーの診断を受けた方には金属を使わない治療が可能になってきました。

CADCAM冠と呼ばれる、保険で使える白いかぶせ物。強度の問題があり、一番奥の歯や歯の残りの本数が少なくなっている方には適応されません。しかし、銀歯に対する金属アレルギーがある方の場合この制限がなくなり、様々なケースで金属を使わないかぶせ物が可能になっています。
コラム「保険で白いかぶせものをお願いします」
0267055003
もちろん、強度やむし歯などのリスクの問題で、保険の材料をお勧めできない場合もあります。お口の状態は人によって千差万別です。金属アレルギーがあるのに、銀歯がいっぱいある・・・。そんなお悩みの方は、一度歯医者さんでご相談ください。
 
 
お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら

2018年7月17日

8月11日(土)~16日(木)は休診とさせていただきます。

2018年7月14日

 6月は、一番日が長い月。日に日に熱くなり、また雨も多くなってきますよね。
新年度が始まり、少し落ち着いてくる時期でもあると思います。

 この時期は、学校の健康診断の季節でもあります。今月は近隣の保育園や小学校、延べ5回の歯科健診をしてきました。
 緊張しながらも、みんながんばってお口を開けてみせてくれました!むし歯があった子、歯並びが気になる子、とってもキレイに磨けている子、いろいろな子がいます。健康診断で何か見つかった時は、なるべく歯科医院に行って診てもらいましょう。
 異常なし。と出た子でも、歯科健診ではなかなか問題を見つけられない事もあります。お子さんの発育のため、定期的に歯科医院を受診する習慣があるとよりいいですね。

2018年6月13日

お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら
 
 
 日本人の寿命は現在、男性で約81歳、女性で約87歳まで伸びてきました。この平均寿命というのは0歳の赤ちゃんが何歳まで平均して生きるか、というのを計算したものですが、不慮の事故や新生児期の病気で亡くなってしまう人を含めた値なので、実際にはもっと長生きの人が周りにいる印象があるのではないでしょうか?
 亡くなった人を年齢ごとにグラフにしてみると、「最も多く亡くなる年齢」というのがわかります。これを最頻死亡年齢といいます。
 日本人をこの最頻死亡年齢でみてみると、なんと男性87歳女性93歳になります!
すでに90歳前後まで生きる人が最も多くなっているんですね・
 イギリスのProf. LyndaGrattonは著書の中で、「現在10歳の子供が107歳まで生きる可能性が50%」と主張しています。まさに、人生100年時代が訪れてきたのかもしれません。

 しかし、日本では介護が必要な年齢が10年前後と言われています。自分の子供たちに負担をかけたくない、恥ずかしい思いをしたくない、最後まで自分の足で歩いてポックリいきたい。そんな希望もあるのではないでしょうか。

 最近では、元気なお年寄りも多くみられるようになりました。残念ながら、介助を必要とする方は増え続けており、ご自宅での歯科診療もそのニーズは増え続けています。
 しかし、本当にみなさんが必要としているのは、自分で動けなくなった時に診てもらうことでしょうか?できるだけ長く、健康的に生活をしていきたいですよね。
0536020004
 いまとても注目されているのが、サルコペニアとフレイルと呼ばれる状態です。初めて聞いた!という人も多いのではないでしょうか?
これは、筋肉が衰えて体が弱っている状態、なんです。
筋肉が衰えればできることも少なくなるし、寝たきりに一歩近づくわけです。こういった状態を治療したりして、健康な体に戻しましょう!という考えかたがあるわけです。
さらにこれらの状態を防ぐために、オーラルフレイルを治療しましょう、というのが歯科の考え方です。オーラルフレイルとは、お口の機能が落ちた状態、です。
例えば、食べる機能が衰えると、いろいろなものが食べれなくなりますよね。そうすると、食事も楽しくない、お友達と外食したくない…と体も心もふさいでいってしまうかもしれません。
美味しいお肉や生野菜、お漬物。堅いお煎餅やフランスパン。お食事を楽しめなくなったら、悲しいですよね。
1967030009

1967030006
お口で美味しくものを食べて、楽しくおしゃべりをするためには、丈夫に噛める歯と飲み込むためのお口の力が大切です。あるビジネス誌でシニア層1000人に「若いうちにやっておけばよかったこと」をアンケートしたところ、1位はなんと定期的な歯科健診だったそうです。歯は使えているうちは気付かないけど、失ってみるとその大切さが身に染みる、身体の名脇役。
 お口の機能を落とさないために、日頃からお口のケアと歯医者さんでのメンテナンスを大切にしましょう!そしてよく食べよく話し、お口をいっぱい使っていくのも大事なことですね。
 
 
お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら

2018年5月19日

お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら
 
 
 最近の日本人の死因トップ3をご存知ですか?
 ガン、心疾患、脳血管疾患が長らくトップ3でした。医療の進歩などもあり、脳血管疾患による死亡率はここ50年減り続けています。実はここ数年、脳血管疾患は4位に転落。変わって第3位にあがってきたのが「肺炎」です。
戦前は感染症による死者も多く、世界的なパンデミックを起こしたスペイン風邪のおりには日本の死因のダントツ1位が肺炎でした。その後、栄養状態の改善や抗生物質などの登場で肺炎による死亡はすっかり影を潜めていました。現在、肺炎による死亡者の97%は65歳以上の高齢者と言われています。高齢社会が進む日本では、またこの肺炎の存在感が増してきているのです。
 そして、現在の肺炎の約7割は「誤嚥性肺炎」と呼ばれるものです。誤嚥性、って難しい言葉ですが、要するに食べ物が間違って肺に入ってしまうことです。本来ノドの機能によって肺に水や食べ物は入らないようにできています。しかし、のどの力が弱くなったりすると、誤嚥が起きてしまうのです。
 食事中にむせてしまう、あれは誤嚥しそうになっている状態です。力が弱くなってくると、この「むせ」もできなくなってきます。これは危険な状態です!

 実は、誤嚥性肺炎を防ぐ特効薬のような方法があるんです。
 それが「口腔ケア」。お口の中をきれいにしておく事で誤嚥性肺炎を40%も減らせる、という報告もあるんです!
 実はこの口腔ケア、誤嚥性肺炎だけではなく、インフルエンザやノロウィルスの感染にも有効という報告もあります。まさに、怖い病気への簡単な予防策ですよね。
 うがい・手洗い・歯ブラシ。これを習慣づけて、身体の健康を守りましょう!
 
 
お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら

2018年5月11日

お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら
 
 
 突然ですが、”コンフォート”ってご存知ですか?
1504410005
 入れ歯というのは、歯を抜いたり抜けたりしたところに人工の歯を乗っけて食べられるようにしたり、見た目を改善したり、お話しをできるようにしたりする装具です。手や足がない場合に使う義手や義足と同じように、体の一部を補うためのものですね。歯の場合、他にブリッジやインプラントのようないろいろな「義歯」が存在しますが、一般的に義歯というのはこの入れ歯を指して言います。

 入れ歯といえば、どういう印象があるでしょうか?使っているというだけで、年を取ったイメージもあるかもしれませんね。
 実際には、付け外しをして目で見て歯ブラシが出来る分、とても清潔に扱うことができるとか、周りの歯をあまり削らなくて済むといったメリットも多く存在する治療方法なんです。でも入れ歯には大きな弱点があります。
 それは、使っている時に入れ歯が動いてしまうと痛い!という点です。
92041005
 入れ歯を作る際、なるべく動かないように留意して設計します。しかし、完全に動きを止めるのは難しいものです。そこで、歯ぐきに当たる部分をやわらかくすれば、多少動いても痛くない!という考え方で作るのが「コンフォート」という入れ歯です。
 また、外から見えるところに極力金属を使わないため、入れ歯をしてるかどうかわからない見た目の良さもあります。
 インプラントは外科手術をするのが怖いし、ブリッジで周りの歯を大きく削るのも嫌だし…。という方にはお勧めの方法の一つです。歯を作る治療にお悩みの方は、一度ご相談ください!
→ コンフォートの詳細はこちら

 
 
お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら

2018年5月1日

お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら
 
 
 川崎市の妊婦歯科健診、「歯っぴーファミリー健診」がはじまり、6か月が経過しました。まだまだ認知度は低いのが現状でしょうか。
 妊婦さんがわざわざ歯医者に行かないといけないの?!という方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は、妊娠と歯科のかかわりについて少しお話しします。

 1994年ノースカロライナ大学で、歯周病菌によって胎児の成長抑制がおきる、という報告がありました。その後も様々な研究から、早産や低体重児出産の妊婦さんに歯周病の人が多い、という調査や検証が相次ぎました。
 こういった研究結果から、早産・低体重児出産においては喫煙・飲酒・高齢出産よりも、歯周病の方がリスクが高いと発表されたのです!

 10代後半から20代前半の方は、一般的に歯科の受診率は低いと言われています。親の手から離れ、なかなか自分の健康に気を遣う事が少ない時期ではありますよね。しかし、こと妊娠出産となるともう自分の健康だけではなくなります。
妊娠中のお口のケアはもちろん、妊娠前からお口の健康に気を遣っていけるとよりいいですよね!

▼川崎市 歯っぴーファミリー健診
・自己負担 500円(生活保護、市民税非課税世帯は無料です)
・ご予約はお電話で承ります。「歯っぴーファミリー健診」とお声掛けください。
・当日は以下をお持ちください。
川崎市歯っぴーファミリー健診受診券
母子健康手帳
本人確認できるもの(健康保険証など)
かかりつけ産科の診察券(妊婦さんのみ)
・受診券は、母子手帳の交付時に区役所で一緒に交付されます。
・妊婦さん、パートナーの方ともに、分娩前までそれぞれ1回のみ利用可能です。
・当日は、健康診断と前歯の簡単なクリーニング(歯ブラシ)、健康指導を行います。
・歯石の除去や歯科治療などを行う場合は、別途医療保険の自己負担(0割から3割)が必要になります。
・ご不明な点がございましたら、当院(044-789-8601)あるいは川崎市(044-200-3939)までお問い合わせください。
 
 
お口に関する豆知識&子育てあれこれ HARUMACHI diaryはこちら

2018年4月21日

ママのためのお口の豆知識などなど、ちょっとしたお話しのブログをはじめました!
当コラムは少々堅い小難しい話が多いので、肩の力を抜いて気分転換にどうぞ!
hana (2)
HARUMACHI diaryはこちら
https://harumachi-dc.hatenablog.jp

1 2 3